太極気功養生教室東京 からのお知らせ



 去る2006年度に鄭顕気老師が長年の実績と武術界の大きな貢献が認められ中華民国太極拳総会から太極拳9段を授けられました。
9段は太極拳の最高段位であり、多くの太極拳がひしめく台湾武術界においてもほんのわずかしかおられない。

 鄭顕気老師は太極気功養生教室東京を通して日本の武術愛好家のみなさんに近況を知らせしたくWEB上で報告する形となりました。




 鄭顕気老師は若いときに、「腕なし名人」鄭曼青大師(1901〜1975)の大弟子・黄性賢大師(1910〜1992)について太極拳と白鶴拳を修めた。1955年に開催された擂台の推手大会において全台湾、香港、マカオから集まってきた武術家を倒して優勝を果たした。あの王樹金の剛拳の連打をさばききり、数多くの修羅場を潜り抜け、太極拳家の中でも実戦で証明してきた人であり、現在台湾武術界においての生き字引でもあります。

 日本でも太極拳が多く普及されていてそれはそれで何よりですが、健康目的の太極拳から輸入してきたのか、台湾や中国、そしてその他の国々と比べて武術として正しく認識が行き渡っていないのが実情です。

 健康ブームの波に乗って健康法として太極拳も日本に根付いていき、さらに中国大陸から出現した「表演套路競技」としての武術(太極拳)が盛んになり、多くの地でこのような套路競技運動の大会が開催されるようになった。これらの分野で武術や太極拳を追及し、指導者となって指導していくことが悪いことではありませんが、太極拳は中国の武術と称しておきながら、太極拳を習っても実際は推手経験のない人が大半であり、さらに自由に太極拳の技を生かしておこなう散手形式に近い散推手さえもやったことのない指導者も少なくないのではないだろうか?それをカバーしたいのか「套路さえ一生懸命やれば強くなれる」「表演の練習をすれば太極拳の技が理解できる」といったような言い訳がましいことを日本ではよく耳にします。

 また推手練習といっても約束組手のように固定した動きだけで、実戦原理からさえもほとんど知らずに練習しているから、応用変化も理解できていないので、実戦に生かせる練習には程遠い。これが日本の太極拳の実情ではないでしょうか。

 こういう状況なのか、日本では○○太極拳連盟やNPO法人に加盟している教室にしばらく通ったら、原理さえも知らずに級を取るためばかりの練習をさせられ、中身が伴っていないまま指導者になってしまった人も増えてきている有様。

中には呆れたことに「私たちは実戦だ」といってろくに太極拳の技術もろくにできず、本当は原理さえも知らないのかまったく太極拳の練習に関係のないキックボクシングといった格闘技まがいの練習を取り入れているような人間が、指導者と名乗って生徒に指導する輩さえも日本にいる。
このサイトを見られているみなさんは太極拳を習いに行ってこのような原理からかけ離れているような練習をさせられて、本物の太極拳のエクササイズの効果として、護身として、健康法として役立つをお思いでしょうか!?きっと違うはずだと思います。

 太極気功養生教室東京及びこれに関連する会では、中にはお忍びで他所で指導している指導者と名乗る者も何人も習いに来ていましたが、どれも矛盾ばかりの人間でした。
かつて当教室に通っていた人の中には普段は○県太極拳連盟に所属している団体やカルチャーセンター教室で生徒に教えながら、中国大陸(中共)が推進している全国武術表演大会にも出場していたという先生と名乗る人たちもいましたが、これらの人も「型しか知らない」「推手は知らない」「中身がない」「級を取る練習ばかりさせられたので、正しい練習ができていないので膝を痛めてしまった」と言ってしまう現実。真に残念なことを耳にしましたが、彼らは正直な人だと思います。
これらの人たち以外、中には探せば真面目に太極拳を武術として本物を追求されている指導者もおられるかとは思いますが、以上のようなこんな有様でしたので、話にならず非常にがっかりでした。

 地方だけでなく、東京でもこのような指導者と名乗る人間がカルチャーセンターで健康法として護身として太極拳を指導しているので、正しい情報のひとつとしてこのサイトを見ているみなさんに報告させていただきます。

 太極拳の練習とは、健康に良い姿勢と動き、発勁法、推手練習これらの3つの基本的なことが揃って初めて太極拳の練習と言えます。こんなことはあくまで基本的なことです。套路(型)だけでも駄目です。推手ばかり知っていても駄目です。どれも一つが欠けていては、何年練習したとしても、健康法として護身として役に立たないといってもいいでしょう!

 健康体操としてだけでなく、中にはいたずらに秘伝や神秘的なことを持ち上げたりして偏った情報を流していた一部の日本の無知な中国武術を扱うメディアにも問題がありますが、これではいつまでも太極拳を武術として学ぼうと思う人も少なく、たとえ才能がある若者が習いに来たとしてもこんな環境では挫折してしまう結果となるかと思われます。

 はっきり言ってこんな有様だから、今の日本では欧米よりも武術として太極拳はまだ遅れているといわれても過言ではありません。

鄭顕気老師と鄭老師の太極拳を練習している太極気功養生教室は日本の多くの人たちに真の太極拳の姿を知ってもらいたいために、練習や技術研究を通し、多くの人に向上してもらいたいと願っています。そのために今回特別に鄭顕気老師から中華民国太極拳総会からの認定の太極拳最高段位9段の認定書を貸していただき、この場で公表させていただきました。


追伸:少しキツイことを書いてしまいましたが、日本で正しい太極拳の認識をしていただきたいためからであります。私たちのように本物の師についてきた人間からしてこんなことを書くのは馬鹿馬鹿しいことであり、本意ではありません。ご理解願います。
現状を改善していくためにも、このサイトを見られて興味もたれた未経験の方だけでなく、現時点で他の教室に通われていて今まで練習してきた太極拳に納得していない方であっても、志ある人でしたら、太極気功養生教室においては広い受け皿になれたらと希望していますので、できるだけ門扉を広く開放したいと思います。
正しく認識できる人を多く増やすことが日本の太極拳の底辺を広げる意味だという理念からであります。


≫≫NEWS@ 坐骨神経が楽になった!!太極拳最高段位が編み出した効果ある練習とは?

≫≫NEWSA 整体師が解説!太極拳と美容ダイエット効果とは?はこちらから

≫≫各業界の専門家からの推薦の声を頂きました!
参考にどうぞ!!こちらから




inserted by FC2 system